変分オートエンコーダによる距離画像の欠損補間

論文情報

三輪顕太朗, 金田拓巳,山内悠嗣, “変分オートエンコーダによる距離画像の欠損補間”,電子情報通信学会総合大会,D-12-1,2020. pdf

アブストラクト

本稿では,変分オートエンコーダを用いた距離画像の欠損補間法を提案する.欠損を含まない距離画像を用いて変分オートエンコーダを学習することで,オートエンコーダの出力は学習データに近しい距離画像となる.この特徴を利用して,欠損を含む距離画像をオートエンコーダに入力することで,欠損のない画像を出力することができる.シミュレーションによる評価実験の結果,提案手法は欠損を補間することが可能であることを確認した.

Bibtex Reference

@inproceedings{三輪2020,
    author = {三輪 顕太朗 and 金田 拓巳 and 山内 悠嗣},
    title = {{変分オートエンコーダによる距離画像の欠損補間}},
booktitle = {電子情報通信学会総合大会} volume = {D-12-1}, page = {34}, year = {2020}, }