VAEに基づく距離画像の欠損補間及び物体認識への応用

論文情報

本田圭,三輪顕太朗,山内悠嗣,“VAEに基づく距離画像の欠損補間及び物体認識への応用”,ビジョン技術の実利用ワークショップ,2020.

概要

センサから物体までの距離を測定可能な距離センサが普及しており,周辺環境の認識等のセンシング技術に利用されている.しかし,距離センサは物体の材質や形状によって距離が計測できない問題がある.そこで,本稿では変分オートエンコーダ(VAE)を用いた距離値欠損の補間手法を提案する.欠損のないシミュレーション画像を用いて学習することで学習データと類似した距離画像を出力する.実験の結果,提案手法により距離値の欠損の補間が可能であり,補間した距離画像を用いた物体認識の精度が向上することを確認した.

発表スライド


 

ビジョン技術の実利用ワークショップに使用した発表動画

Bibtex Reference

@inproceedings{本田2020,
    author = {本田 圭 and 三輪 顕太朗 and 山内 悠嗣},
    title = {{VAEに基づく距離画像の欠損補間及び物体認識への応用}},
booktitle = {ビジョン技術の実利用ワークショップ} year = {2020}, }