機械学習による変形ARマーカの3次元位置・姿勢推定

論文情報

榎元洋平,山内 悠嗣,“機械学習による変形ARマーカの3次元位置・姿勢推定”,動的画像処理実利用化ワークショップ,2022.

概要

既存の AR マーカ認識手法は AR マーカが変形しないことを前提としているため,変形した AR マーカの検出や姿勢を推定できない.そこで,本稿では機械学習により変形した AR マーカの 3 次元位置と姿勢を推定する手法を提案する.提案手法は 2 段階の処理に分かれており,前段の処理では物体検出手法により変形した ARマーカを検出し,後段の処理では Augmented AutoEncoder を拡張した手法により変形した AR マーカの 3 次元位置と姿勢を推定する.変形した AR マーカを用いた 3 次元位置,姿勢推定の実験において,提案手法は 3 次元位置の平均誤差が 3.7[mm],3 次元姿勢の平均誤差が 5.23[deg] で推定可能であることを確認した.

ポスター


Bibtex Reference

@inproceedings{榎元2022, 
  author = {榎元 洋平 and 山内 悠嗣},
  title = {{機械学習による変形ARマーカの3次元位置・姿勢推定}},
  booktitle = {動的画像処理実利用化ワークショップ}
  year = {2022},
}